角彫刻の歴史

角彫刻の伝統

角の伝統は、ローマ時代、中世、バイキング、アラスカの歴史に遡ることができます。そこでは、日常的に使用される物品の実用的な彫刻に関する記録があります。今ではプラスチックで作られているカップ、ボウル、スプーン、器具、髪留め、洗濯ばさみ、そして櫛は、かつては角で作られていました。この素材は、牛、馬、羊、豚、鳥などの一般的な家畜から得られ、当時は鹿、クジラ、セイウチ、象などの狩猟動物からも取得されました。

角の物品は実用的でありながらも装飾的でした。角での作業は、日常的な機能的なアイテムの製作を担当する実用的な仕事と、櫛作りに特化した別の専門職に分かれていました。櫛作りは、高度な技術レベル、大量の原材料、特定の道具セットが必要なため、独自の職人技として扱われていました。